五ヶ瀬町波帰発電所

場所:宮崎県五ヶ瀬町

期間:2010-2013

 

五ヶ瀬町波帰発電所は、JST(科学技術振興機構)の「I/Uターンの促進と産業創生のための地域全員参加による仕組みの開発」という研究の成果として、2013年3月に完成したものです。

建設は総務省の「緑の分権改革」事業として五ヶ瀬町が行いました。

この研究では、地域が主体となって、地域資源を活用した新エネルギービジネスを創生するプロセスの中で、地域の方々が改めて資源や資産を見つめ直し、未来のためのチャレンジに参加する仕組みづくりを行いました。

発電所には、5kWのクロスフロー水車が2台入っています。

 

 

 

発電所は地元住民の方々の手作りのログハウス
流量80ℓ/sを流す圧力管はΦ300の鋼管