​こども水力発電所

子ども水力発電書写真.JPG

地域のこども達が事業主体の小水力発電事業をやってみたい。自然の恵みである水を活用した小水力発電を教育の場とし、こどもたちと地域の人々、そして専門家が一体となって発電所をつくるプロセスから共に学び、地域の主体性を生み出す新しい形をつくりたい。
そんな思いから一般社団法人こども水力発電所を設立しました。

小水力発電所の時間軸は過去から現在、そして未来へと続いていきます。

以前は子ども時代を生きた大人たちと今を生きるこども達が協力し、「未来」のこどもたちが暮らすより良い社会を共に創り上げていきます。